婚活サイト比較|運命の人と出会える婚活出会い評価

婚活

結婚アドバイザーから見た婚活

e58e2b6a4a2e738a608989938b75ca47はじめまして。
結婚アドバイザーとして約10年、大手結婚相談所に勤めていた杉原花蓮です。
結婚後もしばらく仕事を続けていたんですが、出産して子どもが幼稚園に行くようになり、土日は子どもと一緒に過ごしたいということから、退職しましたが、過去の職歴を知っている友達やその友達から今でも結婚に関する相談を多く受けています。
私が結婚アドバイザーになったきっかけは、学生時代の写真モデルのアルバイトでした。
結婚式場と契約をして、新作のドレスを着て写真を撮ってもらうというアルバイトだったのですが、毎回式場に行くので、式場のスタッフとも顔見知りになり、結婚アドバイザーという仕事があることを知りました。
仕事の内容を聞けばきくほど、やりがいがありそうな仕事だと思えてきて、もともと世話好きで友達から「アネゴ」と呼ばれていた私に、ピッタリの仕事のような気がしたんです。
通常、結婚アドバイザーは年齢が若いと会員が不安になるという理由から、ある程度年齢がいってないとだめなので、大学卒業後、すぐに大手結婚相談所に勤めたものの、3年間は会員様のマッチングなどの通常業務をしていました。
今思えば、それも結婚アドバイザーになるためのいい経験でした。
男女問わず、会員様と丁寧なカウンセリングを数多くこなした結果、より幸せになる方法が、なんとなく分かってきたのです。
結婚相談所に来る方のほとんどは、男女関係なく相手に対する理想が高い方ばかりです。
それが、自分に見合った相手であればいいのですが、だいたいはキツイ言い方をすると「自分の事は棚に上げて」います。
自分は身長が低くて体重も多いのに、婚活サイトランキング口コミ~結婚できる写真の撮り方など基礎知識を学ぼう~相手はスリムで長身な人でないとダメだとか、収入が低いのに相手は年収800万円以上でないとと言った具合です。
自分の幸せをつかむために、理想を高く持つことは大切だとは思いますが、そういう人のほとんどは頑固にその理想を絶対譲ろうとしない傾向になります。
どうしても譲れない条件は多くても3つくらいまでにして、自分と釣り合う相手を探すことが幸せへの第一歩になるのではないでしょうか。
自分と釣り合わない相手では、たとえ結婚したとしても幸せになれるとは言えないと思います。

アーカイブ

Copyright© 2016 婚活サイト比較|運命の人と出会える婚活出会い評価 All Rights Reserved.